放課後の渡り廊下

教育に関してあれこれ迷い悩みながら書いています。

豊洲で翔んで埼玉。

ららぽーと内にあるシネプレックス豊洲で翔んで埼玉を見る。 夕暮れは人気のスポット。みんな写真を撮る。外にはボール一つで遊ぶ家族がいる。 地下鉄駅から大々的に働き方改革を銘打った建築中の建物が目に入った。 そんな場所、豊洲。 前評判通り、みんな…

ソメイヨシノみたいだな。

関東にきて驚くのは、ソメイヨシノの数と、その枝ぶりだ。 山と海の間で過ごした私は、桜といえばヤマザクラで、もともと白い花を咲かせるソメイヨシノは見慣れない。 桜の季節になると、まじまじとソメイヨシノを観察して、どうしても接ぎ木で育った違和感…

他人のせいにしてばかり

現状が上手くいかないことを,すべて他人のせいにしてはいないか。 行動しているのはわたし。 選択をしているのもわたし。 お互い関わって生きていて,わたしの外への不満は,反対に私への不満でもある。 どこかで他人のせいにして選択しているわたしを見な…

身体を使った学び。

今日読んだ大村はま実践は、長与善郎「地蔵の話」を劇・放送劇・シナリオ・紙芝居・スライドにさせる実践である。 大村はま国語教室〈第1巻〉国語単元学習の生成と深化 (1982年) 作者: 大村浜 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1982/11 メディア: ? この商…

六本木クロッシング2019展:つないでみる

3月21日春分の日,六本木ヒルズから。 六本木クロッシング2019に行ってきた。同会場の新北斎展は90分待ち。こちらは5分。 www.mori.art.museum 2013年アウト・オブ・ダウト,2016年僕の身体、あなたの声,そして今回の「つないでみる」で3回目。私にとっては…

大学院で学んで,変わったことは何か?

私の大学院での学びの時間が終わりを迎えようとしている。 3月に入り,これまでお世話になった方々へご挨拶を重ねるうちに,自然と「大学院に来てどうだったか」を語る機会も多くなった。 今日は,大学院生活2年間で最も強い影響を受け,実践者としても研究…

即興実験学校に参加する。2

桃色に色づいた木々を横切り、ベッカライのプレッツェルを食べながら東京へ。 ベッカライ ブロートツァイトジャンル:サンドイッチ・パン屋住所: 〒305-0005 茨城県つくば市天久保2-10-20 エリア: つくばこのお店を含むブログを見る | つくばのパン屋・サ…

筑波大学書専攻展示会に行く。

雨、冷たい3月。 志ち乃さんで道明寺を買って、つくば市民ギャラリーへ。 たまたま大学の授業で同じグループになった学生さんと仲良くなり、展示会のお誘いをいただく。中央公園の池の上に建つギャラリー。 教養がない私でも楽しめる展示会だった。書芸術の…

現実的な日々。

落ちついて本を読むことよりも、論文を書くことよりも、優先してやらなければならないことがある。 研修派遣の事務手続きをしなければならないとか、引っ越しのために諸々連絡しなければならないとか。 ゴミを収集日に合わせて捨てたり、冷蔵庫の食材を余す…

情報と向き合う。

ぼくは自分が参考にする意見としてはよりスキャンダラスではないほう、より脅かしていないほう、より正義を語らないほう、より失礼でないほう、よりユーモアのある方を選びます。 糸井重里『知ろうとすること』あとがきより

学びを手放す。

引っ越し作業をする。 毎回引っ越すたびに、物と向き合う。 アップデートしなければならないものがたくさんある。消耗品。 でもほとんどは、自分には余りあるものばかりだ。 今の自分がほしいもの、未来の自分にほしいものは何か考えながら、残す物を選ぶ。 …

学びの履歴を辿り直す。

ゲーム感覚で。 何があったのか?どんな感じか? 学びを拾い直す。 *すごろく:単線、ストーリー *ビンゴ:他者共有、拡散 *ワンタッチオブジェ:身体表現 *物トーク:物を触媒に使う *ノート:物トークの限定バージョン *ねんどの森:造形表現 *セリフ:限…

友だちとおしゃべりをした。

以下、あいまいでざっくりとしたわたしのメモ。 1.善し悪しの前に立つ。 2.どこに価値を置いているか? 3.「授業をしたい」自分を手放す。 4.中庸はない。 5.それぞれが言う「研究」って違うね。 うーん。学習者にとって、しあわせな学びの時間ってなんなの…

子どものための建築と空間展に行く。

久々に外を歩く。子どものための建築と空間展。汐留。 私は小学校時代に旧校舎と新校舎を経験していて、しかも新校舎はオープンスペース(廊下と教室の壁がない)や円形エントランスで、子どもの学びやすさ、過ごしやすさを意識した設計だった。 残念ながら、…

物語をつくり続ける。

物語の創作が面白い。 シェアードストーリーをしながら、次々とアイディアを書き出す子どもの姿に心が動く。 そうそう、何か自分で見つけたことや作ったものは、誰かに教えたくなることがある。しかも、その内容が誰とも同じじゃない時、私はこうだったとつ…

学会発表が終わる。

当日の朝,リハーサルしてみたらやっぱり自分でもこれじゃあ伝わらないなって思うことがたくさんあった。わからないものがなんなのかもよくわからなかった。口述試験でも言われた通り,私の書いたものは自己理解に留まっていて、研究としての問いのレベルア…

即興実験学校に参加する。

雪が降り積もるつくばを抜けて、東京へ。 初めて即興実験学校のワークショップに参加する。今日は少人数でしかも経験者揃い。ゲームよりもパフォーマンスに比重を置いた体験がたくさんできたことは有難い機会となる。 演じている途中で紙に書いてあるセリフ…

調子が戻らず。

久しぶりの雨。先週、今年初めて雪を見て以来の曇り空。やらなければならないことがあまり手につかず、休み休みの一日だった。 自分のものの見方を改めたいなと思うような一日でもあり、息詰まりを感じるような一日でもあり、こんな日は誰かと話をしたらすぐ…

修学旅行のバスガイドさんに名前を呼んでもらう。

2016年3年生の修学旅行のしおりを読み直した。 初めて学年の修学旅行を取り仕切ったので、事前・事中・事後のメモがぎっしり。 正直、プレッシャーが強すぎて、当日のハプニングに動揺し、柔軟に対応しきれなかった反省もあった。しかし、一つのチーム…

プレゼン技術の基礎を学び直す。

口述試験のための資料作成日。改めてプレゼン技術を学び直す。 大学生向けの初年次指導の本はたくさんあって,情報は得られやすいなと思う。 「14歳からの~」というだけあって読みやすい。 ビジュアル面も考慮されているのがいい。 学びの技 (YOUNG ADULT A…

期待と不安が強いんだな。

論文提出が終わり、修士号まであとは口述試験のみとなりました。 締め切りが過ぎると、先のことが見えてくるもので、急に引っ越しのためにあれこれ考えたり、断捨離を始めたりします。変に高揚する気持ちもあって、なんだか不安定です。 考える場面が多かっ…

年を越す。

今年は友達とつくばで年越しです。 論文も年を越してしまいました。 クジラ汁。お正月の味。 良いお年をお迎えください。

自分の研究になる。

論文は終章へ。 これまでの分析のまとめと、そこから見えてきた振り返りを促す学習記録指導をまとめる。 課題は未来の研究につなげられるように書く。多少欲張りなのは私らしくていいことにする。 はっきりと、自分は状況や環境に流されながらわがままに作っ…

ぐるっと家をのぞいてみよう。

文章は一方向に読みがちだけど,本当は立体的なんだな。ぐるっと家をのぞいてみるように,いろんな読み方があるんだな。 絵本読み聞かせや紙芝居は最初から読む。1方向のストーリーを読む。冒頭から結末に向けて読むことが,暗黙のうちに沁みついている。い…

結局は「問い探し」なのだと。

結局は「問い探し」なのだと。 論文のまとめを書きながら,全体を貫く本当の問いはなんだったのだろうと改めて考えるに至りました。どこか自分には,アウトラインを曖昧にする癖があるみたいで,バシッと5本指でたたきつけるような問い立てができないわけで…

スタンダードってなんなのだろう。

どうも締切間際の過ごし方が苦手です。 論文はすでに9割書き終わっていて,修正を残してすでに山場を越えました。あとは,はじまりとおわりを整えるだけなのですが,ここが一番難しかったりします。 真ん中の部分は,まぁ,書きたいように書けるんです。でも…

教室にいる先生はいつだって孤独で。

研究のいいところは、他者にひらけているところだなぁと、改めて思います。 もし論文を書く機会がなければ、教室の出来事も、子どもたちが書いたものも、基本的には教師と学習者にしか共有されません。書くことによって、初めて教室外の誰かと共有することが…

あなたが元気になれる時はどんな時か?

インプロワークショップをしていて,なんだか元気になる体験があります。 自分でも想像できなかった思いもよらぬ展開に出会い,驚くと同時になんだか笑えてくることもあります。 なんてことはない出来事に心を動かしているうちに,気づいたら思考も動いてい…

論理の文章なんだ。

修士論文提出締め切りまであと1カ月になりました。進捗は相変わらず鈍速で…まだまだ突破口が見えない不安がありながらも、理想100%で最初から最後まで書けない現実を受け止めながら進みます。いや、60点も取れていない気もします…。自己評価はいつもあてに…

日常がほしい。

いつからか、イベント嫌いの自分に気づく。 お祭りは大好き、みんなでワイワイ楽しむのも好き。でも、祭りの後に冷静になってみると、なにも残らない気がして。 何かを成し遂げたいとか、新しい何かを創造したいとか、そういう大げさな目標は持ち合わせてい…