放課後の渡り廊下

教育に関してあれこれ迷い悩みながら書いています。

ふりかえり

停滞期もルーティーンを淡々とまわす。

集中講義が終わって、 いくつかの授業は春学期の終わりを迎えている。 「ではまた秋に」という感じは新鮮だ。 日常はうまくいっていることもあるし、 どうしたものかなと思うこともある。 計画を立て直そうと思う。

今、この地点で。

7月も半月が過ぎようとしています。 今、この地点で思っていることを3つだけ書きます。 1 その人の思いやストーリーをわかろうと話を聞いたり、問いを投げかけたりすることが、学びのスタートラインなのかもしれない。 2 仕草や身体の動き、声の質など、…

夏休みが見えてくる。

この時期は学校祭の細案審議とともに、夏休み中の計画があった。 それから、ここまでの人間関係を見直す時期にもなる。話し合って違和感を埋める作業も必要になる。 いろいろなことが織り混ざった時期に、夏休みにしたいことをあれこれ考えるのだけれど、や…

7月上旬の課題

来週からCモジュールが始まります。 筑波大学の春学期は8月第一週までです。 私の7月前半の課題は、 ①学習記録の分析と言語化 ②「授業システムと授業行為」に関する研究のインプット です。 読もうと思っている本が積読になっています。 省察的実践とは何…