読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放課後の渡り廊下

教育に関してあれこれ迷い悩みながら書いています。

ソフトボール大会と伝統と。

18日は教育研究科全体のソフトボール大会だった。

個人研究が主となる大学院で、コースがチームとしてまとまる唯一の行事だ。

 

この日まで準備に時間をそそいできた運営側は、やりきった感があるだろう。こういう行事は運営側にいるほど、学ぶことが多い。人を動かすことの難しさとうまくいったことの喜びは計れない。

 

一方で、色々な葛藤がある。終わったあとで、学校独自の行事について話題が移った。

 

伝統と呼ばれるものを大きく変えることはなかなか難しい。しかし、価値観が変わって行く中で、行事を通して得られるものの質も変わってきているのではないか。

 

バンドでさえ、演奏しないという選択をして、見にきている人を楽しませるという目的をはたすような時流だ。

 

昨日までの筋肉痛を共有し合うとともに、もっと楽にできることがあるのではないか、とも思う。