放課後の渡り廊下

教育に関してあれこれ迷い悩みながら書いています。

自由研究の思い出

北海道の夏休みは短い。

お盆が終れば2学期の始まりが見える。夏休みの宿題もいよいよ本腰を入れて取り組まねばならないだろう。

自由研究の発想を引き出した「Do!図鑑シリーズ」

大学院で「研究」を意識するようになって、自分のこれまでの「研究」に関する学びを思い出すことがよくある。その中でもよく思い出されるのは、小学生の時の自由研究の思い出だ。特に好きでよく見ていたのは『Do!図鑑シリーズ』だった。 

遊び図鑑―いつでも どこでも だれとでも (Do!図鑑シリーズ)

遊び図鑑―いつでも どこでも だれとでも (Do!図鑑シリーズ)

 
自由研究図鑑―身近なふしぎを探検しよう (Do!図鑑シリーズ)

自由研究図鑑―身近なふしぎを探検しよう (Do!図鑑シリーズ)

 

この図鑑にはたくさんの発想がちりばめられていて、自由研究のテーマを考える時の参考になった。絵入りなので、ことばだけではイメージしにくいものも再現することができた。

遊びから仮説、実験へ

特に思い出の深い自由研究は、紙飛行の自由研究としゃぼん玉の自由研究だった。

紙飛行機の自由研究は、作り方が載っている本があったのだと思う。さまざまな形、大きさ、紙の種類で紙飛行機を飛ばし続けた。最初は遠くまで飛ばせる紙飛行機はどれかという「飛距離」に関する問いだったのが、飛ばしているうちに「速さ」「軌道」に関する問いも生まれてきた。さらにおもしろかったのは、夏休み後、学校で展示されたときに、友達や先生が何度もサンプルの紙飛行機を試しに飛ばしてくれたことだ。そのことで「飛ばし方」によっても結果が変わる発見があった。

しゃぼん玉の自由研究は、丈夫で大きなしゃぼん玉はどのようにしてできるのかという問いで、身近にあるさまざまなものでしゃぼん玉液を作ることから始まった。家にある洗剤類を試し、砂糖や油を混ぜてみたりした。液だけではなく、息を吹き込むストローの長さ、形を変えて実験をしてみたり、吹き方の実験も行った。

どちらが先にやった自由研究だったのかは思い出せないが、どちらも仮説実験型であることが共通点だった。問いをつくっては実験し、結果を記録し、まとめる作業をくり返したのだった。

 

この自由研究の思い出は中学生以降見当たらない。それは、私の学びの関心が遊びから切り離され、受験勉強につながっていったからなのだろうか。それとも、時間を使いたい関心事が他のものに移ったからなのだろうか。

いずれにしても、自分の中で浮かび上がる疑問に対して「やってみる」作業をくり返すことに私の研究はあった。それは遊びとつながっていて、どこまでも楽しんでできることが重要だった。

 

 

分析する力はどのようにして形成されるのか

学習記録には、その日の授業でしたことや、学んだこと、感想が書かれる。

読んでいくと、誰が学習者に学びをもたらしたのかによって記述内容には違いが見える。

 

知識伝達型の授業では、教師が知識を整理して板書し、解説をする展開で授業が進む。こうした授業では板書を写すことがメインのノートができ、授業中は教師の話を聞き、理解することが必要となる。

このような授業の学習記録は、「~がわかった/わからなかった」という記述が多くなる。子どもたちは素直に教師の話を聞き、あまり疑問を生まず、記録上は「納得する」形で表現される。

 

一方で、学習者同士がお互いの考えを交流し合う授業では、お互いの話を聞きあい、その中でどんなことがわかるか、自分自身で学びを見つけて記録をすることになる。

このような授業の記録は、前述と同様に理解に関する記述も見られるが、それは活動の参加者としての気づきの記述であり、「~に気付いた」という記述につながっていく。

 

ただし、後者の記録について、学習者の分析の力が大きく記述に影響することもわかる。気付きのレベルはさまざまで、いかに具体と抽象を往還し、活動の意味を言語化できるかは大きな壁である。

 

分析する力はどのようにして形成されるのだろう。

学習者の気づきを大切にした授業で、しかもただ気付いたことを羅列するだけではない授業とはどんな授業なのだろう。

プロセスに立つ

修士論文の中間発表会の日程が決まった。5月の構想発表会の時もそうだったけれど、「早く終わってほしいな」という気持ちになる。

締切の設定は集中力を高める効果があって、限りある時間をいかに使うかを意識させる。一方で、最終的に自分がなりたい姿を描けていないと、何のために場が設定されているのかわからなくなる。目的を見失うと、タスク処理的に通過することだけを良しとする活動になる。

授業づくりの話をしていても、「目標→達成」の枠組みにいかに縛られているかを感じる。さまざまな経験を重ねるほど、単純な問題の解決ばかりではないことは中学生でもわかっている。50分で身に付くことばかりであれば簡単だけど、乗り越えたいと思う課題はたいてい簡単なプロセスで終わらない。

しかし、目標が提示されていれば、ひとまずそれを通過すればよいという固定的な評価の目ができるわけで、あまり深く考えずとも、とりあえず「やった感」だけが残る。

活動が終わってしまえば、一旦思考することから逃れられるわけで、なんだか、学校の中ではこういう学びが多いよなぁ、と思ってしまう。本当は、発表会もその先の学びをつなげることができる場なのに、本来の目的を失って、単なるゴール地点となってしまう。

もっと、一つ一つのプロセスを自分のために楽しめるといいのだけどなぁ。

できない自分がいろいろと変化していくプロセスに立っているんだって、そう思うことが必要なんじゃないかと思う。

自分の言葉から自分を知る瞬間

学習記録2年生の記述を入力し直す作業を終える。

2年分入力してみると、一人の書き癖が気になってくる。

あとは、自分の学習記録を読む目が変わっていることにも気づく。

記述内容をどう読んだらいいのかがわからなかった。

だから形式的なことにばかり目を向けていたようだ。

見た目を飾ることは愛着をつくることにもなって、

「わたしの」学習記録をつくるために大切なことだと思う。

しかし、もっと価値あることは、日々自分が何を記していくかということなんだと思う。

ただなんとなく書き置いたものをあとから読むと、めきめきと自分自身をうつすようで、はっと気づかされる瞬間がある。

私はそんな自分の言葉から自分を知る瞬間が記録を書き続けることにあると思っている。

その瞬間は書き続けた人にしかわからないだろう。

学びをつらつらと書く。

立教大学中原淳先生のブログを見ていて、一つ気になっていたことが言語化される。
www.nakahara-lab.net

 

箇条書きで書くとわかりやすい、が・・・

学習記録の実践を始めた頃、全員のノートをコピーしていて、箇条書きで記録を書く生徒が気になった。

当時は、ナンバリング、ラベリングで記録をしている生徒は授業内容を自分なりに整理してとらえることができているのでいいなと思って見ていた。なんでも文章化すればいいってもんじゃないって思っていた節もあって、一覧化して見ている時に箇条書きの記録がいいのではないか?と思ったことがあった。ある基準で物事の区切りをつけること、分類ができることは大切なことだと思う。

 

具体的に書くことで思考の道筋が見える

ただ、毎時間の記録の蓄積を読み直すと、ディテールに目を向けることがいかに思考を耕すか感じる。一つの授業から学び得ることは学習者それぞれに多様で、本当に大事にすべきは授業の展開が教師によってどう進められているかではなく、その授業の中で学習者自身が自分に何が起こっているかを記述できることにあるのだと思う。その「今、どう感じたか?」「どうしてそう感じたか?」という自分自身へ向けた問いを自分の中に置いて書くことができると、また新たな問いが生まれるのではないかと思う。

 

もちろん毎日充実した記録を書き続けることは簡単なことではないことも身に染みてわかる。それでも自分のとぼとぼと歩いてきた学びのストーリーはつらつらと言語化することが必要なのではないかと思っている。

 

「いろいろな見方があっておもしろかった」の先は…?

今年に入ってからずっとしていることは、毎時間の学習記録をエクセルの表に打ち込んで、記述量と記述内容を見て分析をするという作業です。

 

最近よくわかるようになったのは、

  • 文章を打ち込む作業をしている中で学習者一人一人の様子が立ち現れるようになってくること
  • 学ぶことが教師からの伝達ではなく、学習者同士の学び合いの方が記述量が多くなること(これはまだなんとなくの段階)
  • 量が多くなっても、学習者によって書く内容には質の違いがあること(この辺は分類をくり返してコード化の作業中)

です。

一方で、とても気になるのは学習者同士の学びの記述が「いろいろな見方があっておもしろかった」という価値内容で止められているということです。いろいろな見方が同列に並べられていて、学びとして回収できていないのではないかと思われます。

学びとしての深まりはその先にあると思うので、その先の問いに目をむけて言語化できることが大切だなと思います。そのために、まずは思考を促すことばを知るところから始められたらいいなと思います。

 

「わかった」「おもしろかった」で終わらない授業をつくりたいな。

獲得型教育研究会夏のセミナー2018.08.07

獲得型研究会の夏のセミナーに参加してきました。

www.kakutokuken.jp

私が参加したのはワークショップ2つ。

チェックインの基調提案とチェックアウトのティー・パーティーはごめんなさいして、真ん中のワークショップだけ集中して参加しました。

 

普通教室での現実的対処

午前のワークショップは東京学芸大学の高尾隆さんのウォーミングアップ・ゲーム。

参加者が聞きたいことを付箋に書いてホワイトボードに貼るところからスタートしました。高尾さんもおっしゃっていたのですが、このスタートはチャレンジだなぁと感じていて、自己開示が苦手な私はまだよくわからない参加者を前に傍観するだけにとどまってしまいました。そもそも今は自分の現場を持っていなくて問題意識が低いということもありました。

だけど、ここで提示された参加者の問題意識が、アクティビティとかゲームを行う際の抵抗感にあることがわかりました。参加者をうまく乗せられないこと、活動が盛り上がりすぎてコントロールがきかなくなることなどなど、子どもと先生という立ち位置だからこそ生まれる問題がたくさん提示されていました。

高尾さんはそうしたネガティブな面に寄り添いながら場の把握をしていて、そして、インプロの本質である「チャレンジする」ことの話をします。常に実験的であることは実際に自分もインプロを体験していて思うことです。

教室でやっていると、「こういうの楽しい」「またやりたい」という声も聞こえる一方で、うまくいかなかったときは「クッソつまんない」という声も聞こえます(苦笑)。ワークショップ内で触れていましたが、固定座席がある普通教室という環境が活動をかなり制限する問題もあります。声のボリュームが大きくなりすぎて、周りの教室に迷惑をかけたこともあります。周りからの批判に耐えられずに、チャレンジすることをあきらめることもありました。そうなると、自分の弱さに嫌悪感が生まれます。活動がうまくいっているかどうかはその場でしかわからないと感じさせられます。

高尾さんのワークショップでは、そうした現実の中で、やれることを探すいくつかの方法を学びました。対処は無数にあるわけですが、高尾さんの説明からは実際の教室や子どもの姿が見えるようでとても説得力を感じました。

そもそも、私たちが求める子どもたちの姿が固定的ではないか?という波紋も受け取って、見方が広がるワークショップだったと思います。

活動がぶつ切りになる問題

午後は弘前大学の宮崎充治さんの教室プレゼンテーションに参加です。

宮崎さんとは2015年の春のセミナーでお会いして以来でしたが、今回は私にとって2015年を追体験するようなプログラムでとても興味深いことがたくさん起こりました。

今回は、青森の問題をテーマに成人式でパフォーマンスをするプログラムでした。最初は宮崎さん演じる知事の演説聞き、そのあと青森のとある家族をグループで演じ、リサーチとディスカッションでプレゼンを考える流れです。

2015年に私が参加したグループでは今の社会の問題としてTPPについて取り上げニュースショーをしたのでした。偶然にも2015年のワークショップと似たようなプログラムを体験したことによって、共通点や違いに目を向けることになりました。

 

最初に気付いたことは、学生や留学生さんが貴重な存在として場にいることでした。教員同士の学びの場では、どうしても経験知が見え隠れして発言を聞いてしまうことがあるのですが、プレゼンを作っている場では経験の差に関係なくフラットで、それぞれの違いから議論されることにより、次々と新たな視点が生まれていくようでした。

次に気付いたことは、ファシリテーターの葛藤場面でした。チャレンジングであることは、途中途中でファシリテーターが迷う場面から伝わってきました。特にグルーピングで途中変更があり、アクティビティとつながらなかったことからは、いかに関係性がその後の活動を支えるのかがよくわかったし、プレゼン発表がステレオタイプを抜け出せなかったことからは、テーマと参加者の当事者意識をどうつなぐかを考えさせられました。

そして一番気になったのは、活動と活動のつなぎ目でした。授業を構成する中でいつもうまくいかないなと感じるのは、学習者にとって自然な学びの流れをつくることです。日国の模擬授業でも似たようなことがあったのですが、教師は目的と順序に目を向けすぎなんじゃないかと思います。この問題意識は今にはじまった話ではないのですが、ゴールを目指してあれをして、これをして…と構成するうちに、一つ一つの活動が掘り下げられないことがあると私は思っています。また、それぞれの活動が学習者にとってつながりが薄いものになることがあります。

十分な試行錯誤の末に見いだした新たな創造性が必要なんだと思うと同時に、そのためにあれこれと活動を入り組ませてしまうことは、わたし自身の課題なんだなと感じました。

 

 

場を見極めながら、いかにシンプルさを追究できるか。

教師にとっての観察力と構成力が今回の学びだったなと思います。