放課後の渡り廊下

教育に関してあれこれ迷い悩みながら書いています。

長いフレーズで学校再開後の授業を描けるか

「長いフレーズを作るのが指揮者の役目だ」

 今週は,小澤征爾村上春樹が音楽について話をする本を読み続けた。印象に残ったのは,カラヤン先生がシベリウスの五番が好きだったという話から,小澤征爾カラヤンの持論を次のように話していたことだ。

演奏もとてもとても素晴らしかったけど,この曲を使って弟子に教えるのもうまかったな。長いフレーズを作るのが指揮者の役目だと,よく言われました。スコアの裏を読みなさい,と。小節をひとつひとつ細かく読むのではなく,もっと長い単位で音楽を読め。僕らはね,四小節フレーズとか,八小節フレーズとか,そういうのを読むことには慣れています。ところが彼の場合は,十六小節とか,もっとすごいときには三十二小節とか,そういう長い単位になってくる。そこまで読めと言われます。そんなことスコアには書いてないんだ。でもそれを読むのが指揮者の役目なんだと。作曲家は常にそれを頭に描いて楽譜を書いているんだから,そこまでしっかり読みとりなさいと。それが彼の持論なんです。(p.121)

 

目の前のことを一生懸命やるだけでは響かない

 この部分を読みながら,演劇や合唱の指導はどうあるべきなのか考え続けた日々を思い出す。

 2014年からの3年間,勤務校の学校祭が演劇と合唱コンクールをメインにした行事だった。その経験の中で見方が大きく変わったことは,演劇や合唱が「時間」を共有するものだということだ。はじまりがあり,おわりがあり,基本的に中断を許さないからこそ生まれる緊張感がある。そして,一つの時間の中で何らかのストーリーを描くことにより,見ている側・聞いている側に何かを伝える。

 合唱練習なんかは,どうしても短く区切ってそれぞれの小節を細かく「こうしよう」「ああしよう」と言いたくなるのだけれど,部分部分の完成度が高くなるだけではうまくいかない。1曲すべてをffで歌っても聞いている方は途中で飽きてしまう。この部分は最後のここを強調するためにこうしようとか,全体の中で部分を捉えることが重要なことだと学ぶ。

 

長いフレーズで学校再開後の授業を描けるか

 教師の仕事が仕事として成り立つには,ある程度の全体像を見通すことができるかどうかにかかっている。そして,どうやらその見方には解像度の違いがある。より具体的に,鮮明に,子どもたちの学ぶ姿を描けるだろうか。今も子どもたちのことを知る努力をしたり,何をどう提示するのか試行錯誤したりしているけれど,その一つ一つが最終的にどういう方向性に向かっているか,感じられているだろうか。

 

4月、何を考えていたか

大きく生活も文化も揺れ動いた1か月だったので,5月も半分終わったというのに,まとまった文章にすることもできず。ただその都度思ったことを書き残しておく。

f:id:keynotemako:20200514163839j:plain

・自分のことも,相手のことも,まだ知らないうちに判断するのは早いのではないか。

・学校に集まれば感染リスクがある。 交流ができないことをどう受け止めたらいいのか。

・学習者とのやり取りができない,学習支援ができない,困った時のケアができない,顔が見えない,修正ができない・・・・・・気づくと「できない」ことばかり考えている。ネガティブな記憶を集めているだけでは物語は歪む。

・持続可能性を考えたい。面白いことは意識せずとも続けられる。
・状況が変わっても続けられることを大切にする。

・学習者の記録は、自分の評価軸との対面でもある。「覚えた方がいいのか?覚えなくてもいいのか?」 言っていることと,していることの齟齬が見られる。

 ・このくらいの一人の時間があると,物語が読める。

 ・安易に表現できないことがたくさんある。

 ・文化的環境に左右されずに表現する力を身に付けるには,どうしたらいいのか。知識とは何か。

「烏」から考える

 「枕草子」第一段で「烏」が出てくる。

私は古典における風物がどのように取り扱われているのかがとても気になる。

万葉集においてはホトトギスやウグイス,雁が多く見られるわけだが,枕草子はどうしてここで「烏」なんだろうと思う。

また,秋の夕暮れ時に烏の飛び急ぐ姿を「あはれなり」と評しているわけだが,どうしてここだけ「あはれ」なのだろうと思う。

 

論文検索してみると,同様の問いに対する論文があって,枕草子内で「あはれ」が親子や家族に関する感情としての用例が見られること,漢籍の中での烏が孝行を示す鳥として扱われていること,漢籍に精通していた清少納言がその見方を取り入れたと考えることができる話があった。興味深く読んだ。

 

生活経験としても, 「烏」は日常生活によく登場する存在だ。「烏」に対する感情もさまざまで,日常をどのように見ているかがわかっておもしろい。

日常の切り取りという意味では,インスタなんだなとも思う。

 

小さな失敗の積み重ねで

年度末に学習記録の冊子をつくるため,年度の始めにプリントを保管するためのクリアファイルを生徒全員に配っている。

f:id:keynotemako:20200323065731j:plain

授業で扱ったプリントをすべて保存しておくためにしているのだが,現実問題,必ずと言っていいほど,プリントをファイルごとなくしてしまう人がいる。

そして1回目の冊子づくりの時に,「先生,なくしてしまいました」と申し訳なさそうにやってくる子がいる。

いつもこうなので,プリントをなくしがちなタイプの生徒にはすでに冊子型になっているノートを使うように促し,プリントをノートに張り付けるようにする。

この間は,それもせず,「新しいクリアファイルをもらってもいいですか」と言うので,「これは国語のファイルです。」とテプラでラベルを貼ったクリアファイルをあげた。

喜んでもらった彼は,結局そのファイルを学年末までルール通りに使って冊子を完成させた。

全員が失敗しないためのシステムはいくらでもある。

しかし,失敗を経て,次はどうしたらいいのかを一緒に考えるチャンスがあるってことのほうが,学校らしいんじゃないかと思う。

 

どこの図書館も利用できない。

報道の通り,この1か月は感染症拡大を避けるために,公共施設は休館となった。

www.hokkaido-np.co.jp

 北海道の緊急事態宣言解除後,徐々に機能を取り戻しつつあって,今週から本の返却やインターネットで予約した本を取りに行くことができるようになった。ただし,図書館での閲覧はまだできない。

春休みは文献収集のはずが

 しかし,3月末が学会誌の論文投稿締切が多い大学関係者の方は,後期の授業が終わった2~3月にかけて本格的に論文を仕上げる時期だったに違いない。国会図書館(東京館)も1か月の閉館とあって,文献資料を必要とする研究者の方たちはどうしようもない日々を過ごしていることだろうと想像する。私も修士学生だった時は,3月の春休みは文献収集に最も時間を費やしていた。今年の修士学生の境遇を憂う。

学外者立入禁止

 私自身も,できたらせっかく書いた修士論文なので,部分的に投稿論文として仕上げておきたいと思っていたのだが,3月に入って状況はすっかり変わってしまった。

 まず,大学図書館が学外者の立ち入りを制限することとなる。改めて,大学図書館は学生のための施設であって,一般市民の利用はあくまでもおまけなのだなと思う。現職に戻って研究したいと思う人は少数派なんだな。しかも,私は北海道の大学の卒業者でないことも痛い。

 大学図書館は学生や大学職員が優先して使用するために,閲覧や貸し出しにも制限がある。借りられない資料については,お近くの公共図書館で利用するよう促されるのだ。多くの場合,地域の公共図書館にないから大学図書館に足を運んでいるんですけどね(苦笑)。

 今回は,公共図書館が軒並み休館とあって,そんなことも言っていられないのだけれど,結局感染症拡大を防ぐためには仕方のないことなんだと受け入れるしかない。

情報の地域格差を埋めるデジタル化

 それでも,10年前に比べれば論文の電子化も進んで家にいても見られるものが多くなっているのはありがたい。

 著作権の問題などでなかなか簡単には進まないことはわかっているが,NDLのデジタル文献も,図書館以外で閲覧できるようになったらいいのになって今月は何度も思った。

実現不可能でもいいから、やってみたい野望メモ

合唱コンクール、たくさんの失敗経験を活かして、子供たちが成長して、満足する合唱を創りたい。そのためにできる支援の方法を勉強したい。できたら外部講師の先生に見てもらってフィードバックをもらいたい。

②面談屋としてのキャラを確立する。面談がいやなものにならないように、相手にとって、こんなんならまたやってもいいと思えるようにしたい。

③通信は頑張らない。でも行事のドラマは一人一人の成長の記録になるから大事にしたい。

④リーダー研修のあり方を模索したい。とくに企画立案の話し合いを重視したい。子供たちの表面的な考えではなく、真相に迫る話し合いがしたい。そのためのファシリテーションの技術を子供たちと一緒に学びたい。

⑤身体的活動を学習活動で効果的に活用したい。気負わずに、自然とからだをつかってしなやかに思考できる学びを子どもたちに譲り渡したい。

⑥ICT活用は事前準備に負荷があるので嫌煙してきたが、活動指示程度の説明はパソコン表示で十分だな。その方が、言語活動の時間が確保できるし、活動中の記録も取れる。

⑦学年末に、安心して自分の思うことを思うように安心して表現できる集団になったらいい。

⑧学ぶことは本来楽しいものなんだと気づいてほしい。受験が終わっても、問いがあるかぎり、自然に学びに戻ってくる姿が理想だ。新しい何かを生産し続けることに価値を見出だす学習者を育てたい。答えのない問いに対し、自分なりの学習の成果でもって、一つの見解を示すまでやりきる学習者を育てたい。というか、自分もそうなりたい。

f:id:keynotemako:20200321213940j:image

 

価値の共有と評価方法

 「主体的に学ぶ力」の評価のあり方について,10年研でも質問があり,勤務校でも先生たちと話題になる。

 
現場では「どうやって」評価したらいいのか,が常に先頭の問いである。大体のことは「どうして」という問いがわかれば解決できると思うのだけれど,実際には明日から「どうするか」だけ考えているようで,なんとも言えない気持ちになる。


学習記録は,単元途中の学習者の成果や困難と向き合うには活用しやすいと思うけれど,総括的評価に活用するには問題もあると思っている。

振り返りを書くことを常態化していくと,生徒によっては安易な慣用句を使用する場面に陥ることもあるし,教師も生徒も互いに効果の薄さを感じてしまって形骸化することもある。実際のパフォーマンスとは別に,振り返りを書くのが上手な子だけが評価されるのも違う。
振り返りや授業感想文を書くことについて,教師と生徒がどういう価値としてとらえるかによって,全然違うものになると思っている。