放課後の渡り廊下

教育に関してあれこれ迷い悩みながら書いています。

学習記録を介した対話と「博士ノート」の実践  —9月の振り返り

授業記録9行に耐えうる授業とは 

もうすぐ前期の授業が終わる。

 前期期末テストが終わり,前期分の授業プリントや授業記録ノートをまとめて冊子型の学習記録を作成した。あとがきには,前期の授業で印象に残っていること,学んだことを書いてもらった。どの記録も興味深い発見があって読み手としては面白い。

それらの記録を間に挟みながら,数分の面談を行う。一人ひとりの得意なこと,苦手なことを確認しながら,具体的な記録の書き方の特徴を伝え,さらに成長できそうなポイントを伝える。60時間近くの授業の記録を読んでいくと,それぞれの頑張りが形となって現れているものもあれば,記録としては残されていないものもあり,それぞれの学習者のこれまでの学びのエピソードを掘り起こしながら,数分間の対話の時間となる。

多くの生徒には,記述量の向上を目指して欲しいと伝えている。具体的には授業記録9行以上を目指して書こうと伝えている。科学的な根拠はないのだけれど,授業の事実だけを書くにしても,2・3行では具体的な授業の記述が見られない。9行程度書くためには,授業の詳細な描写や,他者の発言内容,自分が授業の間に考えたことや新たな問いを立てるような記述が必要になってくる。

もちろんそのためには,9行以上に耐えうる授業内容が必要で,授業記録を2〜3行しか書けないというのは,授業の質の問題もある。授業改善なくして学習者の記録の充実はないことも肝に銘じなければならない。

学習記録を介した対話

この面談の私のイメージのベースとなっているのは,宝物ファイルの実践やポートフォリオ評価法の生徒と教師の対話場面だ。

ポートフォリオで「できる自分」になる!
 

残念ながら,初回の対話の時間上,どちらかというと学習者側がまだあまり慣れていないためにこちらの話を聞いて,「頑張ります」というリアクションで終わる,というパターンが多い。もう少し丁寧に,学習者の話を聞く場にしたいとは思いつつも,評価を伝える場面として機能してしまっているので,この辺りは後期にもう少し見直したいところではある。

とにかく学級40人一人ひとりと話をする時間を持つことを目標としているので,内容の質は問わずに,これから何回か行っていく中で学習者にとっての振り返りを深める対話になることができたらいいなと思っている。

自由進度学習としての「博士ノート」

学習記録を介した個別の対話の時間と並行して,今進めている単元学習は「博士ノート」の実践である。

教材は三浦哲郎の小説『盆土産』で「作品の温かさはどこからくるのか」を最終課題とし,その前段階の学習として,以下の8つのコースを学習者が選択して取り組む時間を設定している。

  1. 素読コース(音読・黙読・速読などを選択して,気づいたことを書く)
  2. 語句コース(難しい語句などを調べてショートストーリーを書く)
  3. 人物コース(登場人物のイメージ図と作中での表記を書き,リストとしてまとめる)
  4. 場面コース(いくつかの場面にわけ,それぞれに小見出しをつける)
  5. 展開コース(小説を読んだことがない人に知らせるように起承転結で説明する)
  6. 台詞コース(印象に残ったセリフについて説明し,物語での役割や効果を説明する)
  7. 表現コース(印象に残った場面についてその理由を説明する)
  8. クイズコース (作品の内容に沿った問題と答えを作成する)

全てB51枚のワークシートを作成し,好きなところから進める。

完成したワークシートは提出して,チェックを受けたら次に進める。

スタンプラリー形式でもあり,学習者はいくつの課題をクリアできるか,ゲーム感覚で進められている様子が見られているのが面白かった。学習記録と合わせて読むと,クイズ作成が意外と読み込みが必要となり,自然と読みを耕す仕組みになっていることがわかって面白かった。

台詞コースや表現コースは,1年生の時の小説の授業や,2年生前半の「アイスプラネット」の授業でも似たような課題を行っているので,それらの学習を踏まえた取り組みが見られ,学習の蓄積も感じられるような成果物となっている。

ライティング・ワークショップなどで見られる「ミニレッスン」を挟むのも,この活動には合っているかなと思い,冒頭で「呼称」の話や(この作品は主人公の名前や呼称が出てこないという問題がある)繰り返されるキーワードの話(「えびフライ」と「えんびフライ」)などをして,問題点の整理をしてから課題に取り組むようにした。単なる活動の消費になってしまうことなく,問題点を自分なりに考えて表現する生徒が少しだけ増えてくるようになった。

交流場面をどうするか

それぞれの生徒が自分で課題を選択して進めていく方法は意欲的に取り組んでいる生徒も多く,学級の1割くらいの生徒は全てのコースを終えて,自分で課題を設定する「博士コース」にも進むことができている。

これからの課題は,交流場面でさらに読みが深まる仕掛け作りができるか,ということだ。おそらくこれまでの自分の授業であれば,ジグソー法やワールドカフェのような形でお互いの課題を持ち寄って自分が取り組めなかった課題から学ぶ場を設定することを選択していただろうと思う。しかし,コロナの中で過剰な交流の場を設定するのは抵抗を感じる生徒も少なからずいる。結果,提出されたワークシートを紙上討論の形でお互いに読み合い,そこから抽出されるポイントを各自でまとめる活動を予定しているが,プリントを作成するだけでも教師側の負担が重い。持続可能性を考えると,ベストな方法の選択ではないように思う。余白を読み込む力も試されるので,なかなか難しい面もある。他者の考えに触れることで新たな見方や課題を獲得する仕掛けを作っていくにはどうしたらいいのか。

まだまだ逡巡しながら単元を進めていくことになりそうだ。

 

 

 

気分よく仕事ができますように。ー8月の振り返り

例年の夏休みは25日間。今年は12日間。

8月上旬は午前授業であったことが救いで,毎日暑さと闘いながら過ごす。

夏休みに入ってからは,とことん仕事とは離れて非日常に費やした。

念願の富良野岳登山もでき,演劇も一本見るとこができた。

久しぶりに函館山にも登り,誕生日休暇も取得することができた。

制限の多い中で,自分の願いを手放すことなく過ごすことが,今年の夏には必要だったのかもしれない。

f:id:keynotemako:20200907213135j:plain

 

夏休み後は定期テストまでの日数もなく,テストのための授業をする2週間は少ししんどい。成績業務がひと段落したら,ちゃんと思考のある授業を作り上げたいと,テスト監督をしながら思う。

 

そういえば,夏休み前に授業評価作文を書いてもらった。

その中で,最もありがたいと思った生徒の言葉は「先生が笑っていると嬉しい」だった。

ただでさえマスクで表情が見えづらい中,自然と笑える教室は温かい。

周りに刺々しさを出すこともなく,自分勝手な言葉で誰かの心を冷やすこともなく,気分よく仕事ができることが,今,何よりも大切と思う。

 

”先行研究”という名の長い道のりを歩け

研究論文を書く経験をすると、先行研究がいかに大切かを思い知らされる。

実践報告はそれぞれの実践が個人の文脈によって開発されたことを知らせることに意味がある。

どのような問題意識があって、どのような環境で、どんな選択をするのか。

しかし、同様の問題意識にもとづいた提案は、すでにどこかでされているはずだ。

その系譜の中で自分の選択を見つめ直すことは、毎日の授業実践の中ではなかなか得られない。

堂々巡りの授業実践から抜け出し、発展する教育実践を求めるのであれば、先行研究という名の長い道のりに自分の足を置くことから始めなければならない。

 

f:id:keynotemako:20200816075646j:plain



「学習記録」には学習者の創造性が込められている 

 国語教育雑誌を見ていると、学習者が書き記すものとして「ノート」という用語が多くの教員に定着していることがわかる。『国語教育』最新号の目次にも「「書く」を習慣づける ノート指導術」といったタイトルが見られる。

 内実を読むと、学習ノートを指す場合もあるし、ワークシートのように書き込み式のものを指す場合もある。とにかく、実践を語る時に学習者が書き記すものを「ノート」と呼ぶ。

 国語教育におけるノートの先行実践を見ていくと、もう何十年も前から「板書を書き写すだけのノートでいいのか」という主張がなされている。自分の考えを書くことを重視し、思考するノートを目指すというのは、今に始まった話ではない。「ノート指導」が話題になる時、教師は決まって生徒の思考の跡が残るようなノートを良しとしてきた。 

在来、読方の学習ノートは単なる備忘録、書取帳として考へられてゐたのでは無かろうか。教師の板書を機械的にノートに為してゐたのでは無いであろうか。(飛田多喜雄『形象理会読方教育の実践機構』第七 學習ノートの實踐形態,p.355,1939年,啓文社)

 大村はまは、備忘録としてのノートや書取帳としてのノートとは区別して、生徒が書き記したものを「学習記録」と名付けた。

問 学習記録を、ノートと言ってはちがうのですか

答 ちがうと言ってよいかどうかわかりませんが、私の気持ちでは、ノートというと、やはり忘れてはいけないことを書いておくとか、学んだことの要点をまとめて頭に入れやすくしておくとか、何か練習をするとか、とにかく、学習に奉仕するーといってはおおげさですが、学習を助け、学習に役立つものという気がします。学習記録、これ自身が学習であり、学習に伴なうのでなく、学習そのものであると思います。学んだことを忘れないように、でなく、学んだことについて、学ばなかったことをも考えるために書くのだと思います。学んだことを理解するところにとどまらず、先へ歩みを進める、少し、おおげさなことばを使えば、創造に向かっていくものと思います。

大村はま大村はま国語教室 第十二巻』p.75 ,1984年,筑摩書房

 一般的なノートと大村「学習記録」の違いを説明するとき、大抵、その体裁の違い(綴じられているか、綴じられていないか)が一見してわかりやすいので第一に説明されるが、記録を書くことで何を目指しているのか、その目的の違いが最も大きな違いである。

 教育実践は、その教師の哲学や学習者の実態に左右され、個別多様な選択の上に形作られる。そこで説明される用語は微妙にズレを生じさせるものであることは自明のことであるが、国語科の授業実践において「ノート」と「学習記録」もまた、それぞれの実践を語る上で、曖昧にされてきた言葉だ。

 大村はまの実践に学んで学習の記録を指導してきた先生の中にも、その実践記録には「ノート」という用語を用いている先生と、「学習記録」を用いている先生が両方いる。どちらがどうという話ではなく、説明の便宜上多くの教師が知っている「ノート」という用語を用いるのだろうが、やはり「学習記録」には学習者の創造性が込められているように思う。

 私が2014年から、生徒と学習記録の実践を続けてきて実感することは次のようなことだ。

  • 今日の授業の記録として何を書くか自分が決める。
  • 自分が感じたことや自分が考えたことを自分で拾う。
  • 学習として価値があるかどうかも学習者によって判断される。
  • 教師の文脈では取るに足らないことも、生徒にとっては何よりも鮮烈で、重要なことが授業にはある。
  • 誰のどんな言葉が自分にとって必要な言葉だったのかも、決めるのは学習者である。

 大村はまは「子どもを知る」ということを重視してきたわけだが(大村はま『教室を生き生きと1』p.20)、学習記録はまさに学習者自身が選択して表現されるものであり、学習記録を読むことで教師は子どもたちのことを知ることができるのである。

 

実践史の中での位置づけ

学校の先生たちが実践としてまとめるものは、なぜその方法を選択するかということと、実際にどうするかという方法の説明が多い。先行研究を整理している論考というのは少ないのだなと思う。

大抵のことは、先人がその重要性を述べているのであり、ある程度の成果もまとめられている。その中で、自分たちは今、何ができるのだろうか。

 何度も何度も、ちゃんと実践史の中で自分のしていることを振り返る必要がある。

続・国語教育方法論史

続・国語教育方法論史

 

 

授業で何を記録すべきか

f:id:keynotemako:20200810133732j:plain


 生徒の授業アンケートの記述に、よく「板書をもう少ししっかり書いてほしい」という意見をもらう。学習者にとっては記録として授業が残っていないと不安だ。学校はテストもあって、学習したことに○とか✖️とかを付けられるのも事実である。だから、自分としてはもう十分解説したし、これで授業を終わってもいいなと思うけれど、一応、「教科書にも書いてあるから書きたい人だけどうぞ」と断って、板書しておくこともある。

 でも、この板書を記録するためのノートって、機械でもできる。もうすぐ一人一台になるだろう機器が揃えば、写真で十分でもある。多少、きれいに丁寧に自分のためにまとめたノートは愛着もわき、学習意欲につながる作業でもあるが、板書を記録しているだけの作業はあんまり考えなくてもできる作業でもある。もっと授業で受け取った知識や言葉を、自分の文脈で日常生活やこれまでの知識と結びつけて捉え直す思考が大切なのではないか。そんな思考を大切にした記録を書くことは、自分の感情と向き合うことにもなって、ワクワクした瞬間を切り取るような記録になっていくのではないか。

 同じ友達同士で過ごしても、インスタに残る写真は違うように、一人一人の心に刺さる瞬間はバラバラである。板書を一生懸命にして、生徒一人ひとりに残るものを均一にしても、その残ったものは生徒にとって生涯大切にされるべき内容になるだろうか。教員にとって価値のあるものとそうでないものの選別以上に、学習者にとっての生活の文脈の中で、その瞬間瞬間で獲得される価値あるものを記録することを、私たちはもっと重視すべきではないだろうか。

 

8月になって

日常をただじっと生活したいと思っています。

 

運動会も文化祭も、旅行的行事も従来の形では実施が難しい状況になりました。

学校は再開したものの、いろいろなことがこれでいいのかな?と疑問に思います。

意識は人それぞれに日常生活に反映されていき、

自分のしたいようにしようと動き出す人もおり、

それで大丈夫なの?(ほとんどは反語的)と物申す人もおり、

関係性の作り方も少しずつ齟齬が生じてきているのだなと感じます。

 

誰かの「頑張って」とか「こうしたらいいよ」とかもまるで力にならず、

ただ、今ある感情や日常を子どもたちとともに書くことだけに注力していたい、

そんな気持ちで夏休み前のロスタイムを過ごしています。

f:id:keynotemako:20200802133453j:plain