放課後の渡り廊下

教育に関してあれこれ迷い悩みながら書いています。

ストイックへの憧れ~国立新美術館「安藤忠雄展:挑戦」

「挑戦」し続ける

「時を重ねるほどに感謝の思いが募る一方で、彼らもまた住みこなすことに挑戦せねばならない。」

f:id:keynotemako:20171017053634j:image

 安藤忠雄の原点として紹介された大阪の住吉の長屋に関する文章である。住吉の長屋は都市の空気を家に取り入れるかのように中庭が作られ、生活はその空間によって分断される。簡単に言うと、「住みにくい」。

 しかし、そもそも住まいとはそのようなものだったのではないか、と考えさせられる。さまざまな不便さを抱えながら、生活の知恵を使って人間はよりよく住もうとしてきた。また、利便性を求めすぎず、どこかではいい意味で諦めながら暮らしてきた。安藤建築を見ながら、わがままになっている自分を見る。「挑戦」というテーマに対して、まだまだもっと何かできるだろうと自分に問いかける。

東京で北海道に出会う

 今回の展覧会参加の動機は、8月に行った直島プロジェクトに心が動かされたからだ。なぜあのようなプロジェクトを進めることができたのか、なぜどこにもない、記憶に残る建築を創りだすことができるのか、さまざまな興味が湧いた。

 もちろん直島に関するインスタレーションも素敵だったけれど、それ以外の作品も興味深く見た。特に意外だったのは、何気なく過ごしていた北海道の建築物に東京で出会う、という体験だ。なんとも言い難い思いがした。

「頑張れ」に対して思いを巡らす

 作品展のテーマ「挑戦」は作品の展示方法によく見られたと思う。建築の展覧会というのは、見せ方がとても難しい。だって創ったのは建物なのだから、まさか美術館に建物を集めるわけにいかない。そのため、設計図やタブレットによる動画が展示のメインになる。かの有名な「光の教会」だけは、特設で野外に作られ、あの光の圧倒さを疑似体験できるようになっている。

 ただ、私が最も注目したのは模型である。特に後半に行けばいくほど、大規模で精密な模型造りが展示されていることに驚く。その模型は今回の展覧会のためにわざわざ作られたものがあって、特に建築科の学生が協力して作成されたものもいくつかあった。作成過程を定点カメラで記録し、その様子も展示されているわけだが、あの1つ1つの根気のいる作業を思うと、「ああ、これめっちゃ頑張ったんだな…」という思いになる。

 安藤忠雄曰く、建築を創りだす時に大切にしているのは「見た人の記憶に残ること」らしい。そのためには、がんばらなきゃいけない時もある。町を知り、人を知り、そこからアイディアを絞り出し、限られた制約の中でデザインをする。批評家の浅田彰は「ストア派建築」と評するわけだが、その批評に納得せざるを得ない。

 一方で、今の社会に「頑張れ」至上主義が合わないことは、多くの人が思っていることだと思う。頑張ってもどうしようもないことが現実にはあり、頑張ることによって悪循環を生むことがある事実を目の当たりにしている。頑張らずしていかに自分の目的を成し遂げるか、そのことの方が重要な節がある。そして、さまざまなSNSの日常のつぶやきからも、「頑張らないように頑張る」といった、自分を制御する言葉を目にする。私自身も実際にそうつぶやく。

 その上で、安藤展を振り返って改めて思うのは、「頑張る」か「頑張らない」かのどちらかなのではない、ということだ。何かを成し遂げたいという欲望は誰にでもあるもので、それがどこから湧き出て、どのようにそれを自分がとり出すかなのだと思う。

 つまり、自分の外側から刺激されて行動しているのか、自分の内側から湧き出るものがあって行動しているのか、そのことを意識できるのかどうかの違いなのだと思う。

 もちろん外側からの刺激によって内側が変わることもあるだろう。しかし、元々自分の内側にあるものを、自分のルーツやこだわり、夢中になれるもの、立ち位置等から見つめることによって、頑張らずして自分の成し遂げたいことに近づくのではないか。

 安藤展を思い出しながら、「頑張る」ことについて今も考え続けている。

集団において教師の役割は何か。

そうなんだ?こういうところが〇〇と似ていて、こういうところが違っているね。

 

〇〇はこう思ってるんだよね。他の人はどうなのかな?聞いてみよっか。

 

学級担任をしていて、ある先生に「交通整備すること」を教わる。

オーライオーライ!、の時もあれば、

すいませんしばらくお待ちください、の時もある。

それぞれに進みたい道はあるけれど、教室はそんなに広くはない。みんなが勝手に動けば事故が起こるのは当然で、立ち止まって道を譲り合ったり、先に進めたり、そういう判断を日々していくことになる。

信号のようなみんなが信頼して守られるルールがあれば、交通整備の人はいらない。そもそも目と目で合図してどちらが先に行くかコミュニケーションできたらそれに越したことはない。

 

ただ時折信号が壊れることもあるし、新しい工事に着手しなければならないこともある。譲ったつもりがそうではなかったと、間違いが起こることもある。

 

そんな時、一人一人がどう行動したいのかを聞くこと、まずはそこに尽きると思う。その上で全体の調整をかけることが担任の役割なのではないかと思う。

 

無意識にしていることを言語化する。

今日は書くことの評価に関する論文を読みました。

生徒の作文をどのような内容だと判断し、

どのように評価をするのか、

そこから見える傾向は何か、

こんな論文でした。

 

忙しい日常では作文添削に時間をかければかけるほど自分の睡眠時間が削られます。

生徒に書かせるのはいいけれど、何がどうなのか言語化してフィードバックすることはなかなか大変な労力です。

だから、作文評価の曖昧さが生まれます。

曖昧さを埋めようと、スキルを明示したり、具体的な目標を与えたりします。

それでもやはり、無意識に評価を行なっている場面もあります。

 

今日の論文を読んでいると、教育実践の論文執筆は、普段無意識に行われていることにスポットを当て、言語化を試みる作業なのではないか、とわたしは思いました。

 

今日の気づきでした。

 

 

体験しながら気づく。

昨日は大村はま昭和47年11月、単元「国語学習発表会」についての分析と考察を聞く日でした。

 

秋学期の木曜2限は大村はまの読書生活に関する交流の場について検討していきます。受講者がいくつかの単元を担当し、それぞれが発表する演習形式です。

国語学習発表会」は1学期からかけてさまざまな学習を総まとめにした計47時間の壮大な単元です。時間的な制約は今の学校教育に当てはまらないのは当然ですけれど、それを抜きにしても授業を考えるにあたってさまざまに議論すべき点があがってきます。

 

例えば、昨日1つ目に挙げられたのはグループ編成でした。

この単元では1クラスを4つに分けるのですが、その分け方は等質グループではないわけです。

男女は均等に分けられますが、必ずしもリーダー格となる生徒がグループにいるわけではないのです。

 

この発表を聞きながら、自分のグループ編成を考えると、ランダムが多いと振り返りました。

これは学級経営とも関連していて、席替えを頻繁に行なっていたものですから、座席で近くなった者同士がグループを編成するわけです。

ねらいはどんな人と同じ組織で働くことになっても、自分の立ち位置を調整しながら協同的に参加できる力を育てたいという願いでした。

ただ、それが本当に授業として力をつけるシステムなのか、今回再考する場面がありました。

 

全集2巻も初めて読んだわけではないのですが、やはりこうして発表を聞いて議論をする中で、改めて自分の見方考え方にまだまだ余白がたくさんあるのだなと思い知りました。

もう一度一から読み直したい気持ちになって、夢中になって全集を読み直す1日でした。

脱二元論。

大学生の時、教育史の授業で「教育って振り子ですね」といった趣旨のコメントを書いた記憶がある。

次の時間に先生が読み上げたからとても印象に残っている。

 

前々からプラスかマイナスかという思考のあり方に問題を感じていたし、周りの人たちの話を聞く中でも議論になっていることは知っていた。

ある時はゼロか100かと言われ、ある時は二項対立と言われた。

 

それぞれについて私は不勉強なのでここで同立に扱うのもどうなのかなと思うけれど、とにかく「あれか、これか、どっち!?」みたいな考え方は、やっぱり危ういと思う。

何かを決断する時には単純でわかりやすいのだけれど、一方で物事はもっと複雑で入り混じっているからだ。

 

たまたま研究論文についての問題意識が今の私の生活に浮上してきているから、自然と研究方法論に目が向いている。そこでもやはり質か量かがクローズアップされる。

で、この話は私が教員になる時にはすでに書籍化されている問題だった。10年経っていることになる。いくつかのサイトで混合研究法などの情報も目にするようになった。この辺り、自分が論文を書いているから結構切実に読んでいる。

 

単なる直感にすぎないけれど、なんだか堂々巡りをしていて気持ちが悪い感じがする(非常に感覚的な表現だ…)。そんなに簡単に扱える問題じゃないのはわかっているが、教育について考えて研究・分析をしようとしている人にとってここは重要なポイントなのではないかと思う。

秋から冬にかけて考えようと思う。

萬狂言秋公演とインプロショー

 初めての国立能楽堂。初めての鑑賞。DVDで見るのとはもちろんちがい、一つ一つの動作に注視する120分だった。大学院の演習で「狂言記拾遺」を読んでいたため、ちょっとした言葉遣いに注目して聞けたのも面白かった。有難いことに、先生が公演分の台本を事前に用意してくださり、台本を読みながら「ああここはこんな風に読むのか」などと発見しながら見ることができた。

 それにしても、学生料金で見られるってすばらしい。こうやって気軽に伝統芸能に触れられることって大事だよな、と思う。日本の笑いの文化や日本語が、どのようにして形作られていったのかを知ることができるのだから。

  • IMPROLL"show-wa"NIGHT in荻窪

 総武線をさらに西へ、荻窪。思ったよりも狂言の時間が長かったので最初から見ることはできず。しかも、つくば駅のバスの時間を考えると第一部のみしか見られないことが判明。初めてのインプロショーだったにも関わらず、1本しか見られなかった。

 入ると、即興音楽タイムだった。「枯葉」をテーマにしたメロディが素敵。後半は15分2本立てのインプロショー。お客さんとの関わり方、演者のそれぞれの立ち位置、場の展開のスイッチ、音楽との融合など、新しい発見があってこれもまた面白かった。場に身を委ねる感じが好きだと感じた。

10月の課題

国語教育実践演習で指導案作り。

高校生で絵と詩が一緒になっている作品を読んで、絵と詩の関連を鑑賞する授業です。正解はない。一人一人の持つ見方が解釈となる。他者の意見を聞きながら作品に対する見方を広げて行く。コーデイネーターは気づきを促すことに徹する。

今日は私がファシリテーターで20分模擬授業をした。今度はバトンタッチで院生が挑戦してみる。どんなことになるのか楽しみ。シミュレーションがサクサクと進んで行くグループというのはいい感じだなと思う、この研究の楽しみと研究の意義が見えてきて少しワクワクも生まれている。

課題は理論的背景をしっかりと共有できていないところだ。そこは、私自身の不勉強さもあるので、残す時間で詰められるだけ詰めようと努力せねばならないところ。うう、ちょっとくるしいけれど、自分の勉強にもなるから楽しくやる。